若い働き世代も多い地域でかかりつけ医としての意識づけを実践

[まえだクリニック(福岡市東区)]

クリニック経営ケーススタディ - 2019年 02月 01日

» この記事を書いたメディアのページへ
医療法人海陽会まえだクリニックは2016年9月に、福岡市が開発を進める人工都市「アイランドシティ」で開院した。ここは、高層マンションや分譲住宅地の建設、企業の誘致が進められ、約2,987世帯、9,094人(2018年12月現在)が暮らす。
人口構成は30〜40代が40%を占め、高齢化率5%と若い世代が集まる都市だ。









※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問