[感染症] 39〜56歳男性の抗体保有率向上を目指す 風しん予防で厚労相

[根本匠厚生労働大臣会見(11/30)《厚生労働省》]

WIC REPORT - 2018年 11月 30日

» この記事を書いたメディアのページへ
根本匠厚生労働大臣は11月30日、風しんの予防対策で、ほかの世代に比べて抗体保有率が低い39〜56歳の男性に重点化した施策を展開していきたい意向を明らかにした。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問