放課後等デイサービスの将来性は?今後取り組むべきこととは

RL_けあコンweekly一覧【確認用】 - 2018年 10月 09日

» この記事を書いたメディアのページへ
1990年代から2010年代にかけて、障害を持つ小中学生の数は増え続けているという調査結果があります。これらの子どもたちは数が増えたというよりも、今まで周囲の無理解などから見落とされていた例が改められたケースが多いのです。身体障害や発達障害をもつ子どもたちは、精神的肉体的に多くのニーズを抱えています。そこで、こうした子どもたちの受け皿となるために、学校が終わった後に学業や生活訓練を行う場所である放課後等デイサービスの存在が重要になってきているのです。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問