急性期入院医療は実績指標「看護必要度」

[該当患者割合が病院経営の今後を左右する]

医療経営の要諦シリーズ - 2018年 05月 10日

» この記事を書いたメディアのページへ
『急性期一般入院基本料』は、現行の「7対1」一般病棟と「10対1」一般病棟の中間に位置する評価として新たに設定され、診療報酬は『急性期一般入院料1〜7』まで7段階の区分となった。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問