「遠隔診療」の新しい潮流

[オンライン診療との親和性高い糖尿病専門や心療内科クリニック等]

医療経営の要諦シリーズ - 2018年 04月 10日

» この記事を書いたメディアのページへ
2018年度診療報酬改定では、「ICT等の将来の医療を担う技術の着実な導入」が謳われており、その中でも特に「遠隔診療」の適切な活用や「医療連携を含めたICTの有効活用」を進める診療報酬が新たに導入された。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問