社会福祉法人が生き残るために!介護報酬改定で見えてくるもの

RL_けあコンweekly一覧【確認用】 - 2018年 03月 09日

» この記事を書いたメディアのページへ
2018年1月に明らかになった介護報酬改定の内容は、多方面に波紋を広げています。全体的にみれば改定率は+0.54%とアップしたものの、収支差率の高い通所介護や訪問介護で基本報酬が引き下げられるなど減算が目立ち、特に大規模施設にとっては厳しい内容になっています。2017年には社会福祉法の大幅改正が実施されたばかりであり、その対応も急務です。介護事業に関わる人や開業の予定がある人にとって、「介護事業がどこに向かっているのか」を押さえておくことは非常に重要です。2018年の介護報酬改定から、どんな方向性が見えてくるのでしょうか。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問