マイナス査定に影響?介護報酬改定と内部留保

RL_けあコンweekly一覧【確認用】 - 2018年 02月 02日

» この記事を書いたメディアのページへ
経営において外せない概念として「内部留保」があります。内部留保は企業や施設が安全に経営を続けていくために重要な貯蓄です。しかし、介護業界において内部留保がおびやかされる事態が起こっています。介護報酬改定により、内部留保が少なくなるリスクが出てきたのです。内部留保が不足していると、将来的に利用者が施設を利用するハードルが高くなる可能性すらあります。ここでは、介護報酬改定と内部留保の関係性を解説します。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問