特集 地域医療構想と働き方改革(後編)

[2018年テーマの焦点を問う]

Medical Topics - 2018年 02月 14日

» この記事を書いたメディアのページへ
これまでのような長時間労働が放置されれば医師の健康管理に支障を来たすが、一般労働者に適用するような労働時間の上限設定をすれば、救急医療や産科医療は成立しない。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問