2018年度診療報酬改定の行方(1)

[外来診療の新機軸と、有床診療所、療養病床等のこれから]

医療経営の要諦シリーズ - 2018年 01月 15日

» この記事を書いたメディアのページへ
診療報酬の本体部分は僅か+0.55%なので大きな「目玉」と言い切れるような項目には乏しいのだが、全体的に点数が高くはないものの従来には無かった新機軸が数多く織り込まれているのが特徴と言える。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問