患者が快適な環境づくりの徹底と専門分野に絞った効率経営を実践

[みつみや大腸肛門クリニック(神戸市中央区)]

クリニック経営ケーススタディ - 2017年 11月 15日

» この記事を書いたメディアのページへ
消化器外科医だった光宮義博院長は、胃がんや大腸がんだけではなく、肛門疾患の知識と技術も身につけたいと修行後に独立開業したみつみや大腸肛門クリニック。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問