Q.2018年4月以降の「7対1」病床の「重症度、医療・看護必要度」について

病院経営Q&A - 2017年 07月 31日

» この記事を書いたメディアのページへ
当院は150床の急性期「7対1」、回復期リハ、地域包括ケア等の病床を有する病院です。私たちの「7対1」病床は「重症度、医療・看護必要度」が23%超で、2016年度診療報酬改定で引き上げられた基準(25%)をぎりぎり満たせない状態です。経過措置として、2018年3月31日までは「23%以上」に緩和されていますが、それ以後は、このままだと「7対1」を維持することは出来ないのでしょうか?

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問