特集 ここからはじまるエンドオブライフ・ケア 超高齢少子化多死時代における“つながり”(下)

[エンドオブライフ・ケア協会設立2周年シンポジウム]

Medical Topics - 2017年 06月 14日

» この記事を書いたメディアのページへ
国立研究開発法人国立長寿医療研究センター医師の西川満則氏は、医療選択だけではなく、気がかりなこと、譲れないことなどを前もって意思表明する機会が準備されている地域像について語った。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問