特集 ここからはじまるエンドオブライフ・ケア 超高齢少子化多死時代における“つながり”(中)

[エンドオブライフ・ケア協会設立2周年シンポジウム]

Medical Topics - 2017年 06月 13日

» この記事を書いたメディアのページへ
金子稚子氏の夫・金子哲雄氏は、がんの一種である肺カルチノイドを発症し、1年半の闘病後2012年10月2日に逝去した。その死の前後から、多くの人とのつながりが生まれた。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問