大腿骨近位部骨折の入院期間短縮 多職種連携で周術期管理を実現

[〜社会福祉法人聖隷福祉事業団 聖隷佐倉市民病院(千葉県佐倉市)]

病院経営ケーススタディ - 2017年 05月 26日

» この記事を書いたメディアのページへ
社会福祉法人聖隷福祉事業団聖隷佐倉市民病院は、2015年4月より、大腿骨近位部骨折の24時間以内の手術実施に取り組んでいる。他職種が連携することで、術前管理から退院後の二次骨折予防まで包括的なサポートを行っている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問