病院など医療機関にとってのAIの可能性と危険性への対応・心構え

[〜森下正之 医療シンクタンクNPO主幹研究員]

医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー - 2017年 05月 02日

» この記事を書いたメディアのページへ
連日新聞・雑誌等メディアで取り上げられているAIについて、昨年あたりから医療機関での認識の程度を、具体的に調べる必要性を痛感し、資料を集めはじめた。現在「AIバブル」といえるほどの盛り上がりを見せているが、そのブームに潜む落とし穴に留意しなければならない。患者をはじめとする医療サービスの利用者の視点に基づき、考察を加えたい。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問