地域医療構想の進捗と病床転換

[〜「構想の具現化」はすでに始まっている?]

よくわかる!地域包括ケア - 2017年 04月 13日

» この記事を書いたメディアのページへ
病床機能報告での「高度急性期」「急性期」「回復期」「慢性期」のうち、多くの地域で「高度急性期」と「急性期」が過剰とされる一方、「回復期」は不足しているとの結果が出ている。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問