2つの「在宅時医学総合管理料」に大きなメス(上)

[〜「在宅医療専門診療所」の創設とはコインの裏表か?]

医療経営の要諦シリーズ - 2016年 04月 13日

» この記事を書いたメディアのページへ
2016年診療報酬改定の個別項目を検証すると、調剤薬局関連を除き、一番大きなメスが入り医療現場に大きな影響を与えそうなのは、「在宅医療」に係る項目ではないかと感じる。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問