[メンタルヘルス] 9月1日から11月30日は「職場のメンタルヘルス対策キャンペーン」 東京都

[「職場のメンタルヘルス対策推進キャンペーン」を実施します!―東京都産業労働局(H27.8.24)]

精神科医療行政ニュース - 2015年 08月 28日

» この記事を書いたメディアのページへ
 8月24日、東京都産業労働局は「職場のメンタルヘルス対策キャンペーン」を実施することを発表しました。
 東京都は、働くすべての人が心もからだも健康で、いきいきと充実して働く職場をつくり、組織を活性化するためには、経営者の方々による積極的なメンタルヘルス対策への取組が必要としています。そこで、9月1日から11月30日をキャンペーン期間とし、普及啓発を行うとしています。

 11月18日には「働くみんなが活力にあふれ、生産性の高い企業を目指す!それが“ポジティブメンタルヘルス”です!」をキャッチコピーに、シンポジウムと相談会が日経ホールで開催されます。基調講演では、グロービズ経営大学院教授、臨床心理士・精神保健福祉士の佐藤六瓩、「メンタルヘルス対策がもたらす生産性の向上について」と題し登壇。その後、独立行政法人労働安全衛生総合研究所の上席研究員で医学博士の吉川徹氏が「ストレスチェック制度を活用した職場環境改善」について講演されます。

 また、産業カウンセラーや社会保険労務士等の専門家が職場のメンタルヘルス対策の具体的な進め方や個別事例への対応方法をアドバイスする相談会が行われます。

 資料では、キャンペーン期間中に行われる協力セミナーの詳細などが出ていますので、ご覧ください。

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問