在宅医療を支える「かかりつけ薬局」(1)

[薬局を拠点に地域の支援を強化]

薬剤師向けレポート - 2014年 03月 27日

» この記事を書いたメディアのページへ
政府と日本薬剤師会は、かかりつけ薬局の強化に取り組む。在宅医療の相談窓口となる「医療のゲートキーパー」として薬局・薬剤師を地域包括ケアシステムの中に位置付けている。医薬分業が浸透した中、薬剤師の新しい役割として注目される取り組みだ。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問