在宅では認知症の服薬管理が課題、地域の多職種連携で患者を支えていく

[株式会社アポテーカ・ジャパン すこやか薬局(神奈川県川崎市) 取締役 荻野麻未 氏]

調剤薬局経営ケーススタディ - 2013年 02月 28日

» この記事を書いたメディアのページへ
川崎駅近くに本店のあるすこやか薬局(株式会社アポテーカ・ジャパン)は、介護保険の始まる前から訪問業務に取り組んできた草分け的な薬局だ。訪問で服薬管理をしている患者が、多いときで30人ほどいる。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(8)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(7)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(6)
[介護福祉向けレポート]
医療・介護職のための認知症ケア最前線 第3回
[クリニック経営ケーススタディ]
総人口24万人を抱え多様な機能が凝縮する北海道最大の都心部
[医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー]
特集「オンライン資格確認の現状と今後」(1)
[Medical Topics]
特集 緊急アンケート
[医療と介護のケーススタディ]
回廊をわたる風や風鈴の音に心安らぐ暮らし
[介護福祉経営ケーススタディ]
回廊をわたる風や風鈴の音に心安らぐ暮らし
[実践 介護福祉経営Q&A]
Q.「介護ロボット」導入の介護報酬上の評価について教えてください