ドキシル使用可能性ある卵巣がん、出来高算定に  DPC分科会

[診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会(平成22年度 第2回 5/19)《厚労省》 ]

平成22年度 診療報酬改定 完全速報 - 2010年 05月 19日

» この記事を書いたメディアのページへ
 中医協の診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会が5月19日に開催され、ドキソルビシン(以下、ドキシル)を使用する可能性のある卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍治療について、DPCによる包括支払方式ではなく、出来高算定とすることを了承した。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問